読書の嫌いな子

 うちの子は、テレビ、マンガは好きですが読書はまったくしません。家には児童文学がそろえてありますが、一度も開いて読んだことがなく、宝のもちぐされのようなものです。読書する習慣をつけるには、どのようにすればよいのでしょうか。
 生まれた時からテレビと共に育ってきた現代っ子は、活字が苦手のようです。名作物語一つをとっても、テレビから流れてくるものは、美しい色彩、動く画面、登場人物のさまざまな声の表情、それらに魅せられながら楽しんでいればこと足れりと思うようです。何も苦労して無味乾燥な活字の羅列とも見える本を開いてみるまでもないと考えるのでしょう。
 しかし、映像化された作品はどこまでも新しい一つの作品であり、作者が心をこめてきめ細かに書きあげた文学作品そのものではありません。活字で示された文章やその行間に実は無限の味わいが隠されていること、そして、そこに自分の自由な想像の世界を展開できる読書のすばらしさを、ぜひ、どのお子さんにも発見させてあげたいものです。
 おもしろかったテレビのアニメーションや劇映画と同じ題名の本を、本屋さんの店頭や図書館で見つけたら、読んでみるのも一案です。原作に映像とは違った楽しさや深さを発見し、これがきっかけで読書の魅力にとりつかれることも多いからです。

スポンサーリンク

 授業でも「次の時間は読書です」と言うと、子どもたちの間から歓声があがります。図書館での子どもたちは静かです。そして、夢中になって本にのめりこんでいます。こういう姿を見ていると、子どもたちは、本当は本が大好きなのだと思います。
 ただ、ご家庭ではしじゆうテレビがつけっぱなしになっていて、その流れている画面につい目をうばわれてしまい、なかなか本を間くきっかけがつかめないということもあるのではないでしょうか。図書館のように読む環境であれば夢中で本にとりくむ子どもたちですから、ご家庭でも環境づくりにひと工夫ほしいものです。
 夕食後のひととき、思い切ってテレビのスイッチを切ってみるのも一案でしょう。
 そして、何よりも、生活の中に本と向き合える時間的、精神的ゆとりがあることが必要です。学習塾におけいこごとにと、過密スケジュールがびっしりと組まれていたのでは、お子さまにとって心豊かな読書の時間は持てないからです。
 児童図書などほとんど見られなかった時代には、子どもたちは、お互い新しい本を買い求めるたびに交換しあって、どれもボロボロになるまで読んだものです。飢餓感は欲望につながり、それはさらに意欲をかきたてるといいます。
 今は、すばらしい児童図書が本屋さんの店頭にとりどりに並んでいます。児童文化、とりわけ図書は進歩しました。大人でもつい求めたくなるばど、内容、印刷ともすばらしく、あれもこれもわが子に読ませてやりたいという気持ちにさせられます。
 でも、そこはぐっとこらえるほうがよさそうです。お子さんの選択を尊重し、お母さんの一方的な好みを押しつけないことです。そして、むやみに与えすぎないことです。お子さんが欲しないのに、児童文学シリーズを書棚にそろえておいても、お子さんが手を出そうとしないのは当然ともいえましょう。
 低学年の場合、活字に抵抗があって、どうしても読書に一歩が踏みこめないお子さんがあります。そんなお子さんに、お母さんの読み聞かせはたいへん効果的です。お母さんの声の表情を通して、お母さんの物語に対する感動がお子さんにじかに伝わっていきます。本の内容にお母さんの感情がプラスされることによって、さらに豊かなあたたかいものがお子さんの心に根づくのです。そして、本への興味が、次第に高まっていくことと思われます。
 また、親子でリレー式に一冊の本を読み進めていくこともなかなか味わいのあるものです。せわしい日常から離れて、ひととき、母子で物語の世界にひたると、ふしぎに、心のゆとりと豊かさが生まれてくるのです。そして、お子さんは、本の楽しさを体で感じ、次第にその魅力にとりつかれていくはずです。
 さて、高学年ともなると、その読書力の差はきわめて大きいといえます。
 長文の苦手なお子さんは、活字になれること、読む力をつけることです。それには、どんな手だてが考えられるでしょうか。
 まず、お子さんの力に合った本を選ぶことです。抵抗感のない活字の大きさ、理解できる程度の内容と書きぶり、そして、読み切れる長さなどを考慮されることです。
 また、お子さんの現在の興味と関連の深い読み物を選ぶことも大切です。動物好きのS君は、一冊の動物物語との出会いの中で、まず動物の習性に関心を持ち、さらに動物の愛情、動物と人間の心のかよい合いに、時にはらはらし、時にじんと胸を熱くしながらとうとう読み通し、読書の楽しみを体験すると共に、長文への抵抗ものりこえていきました。
 本は読みたいと思うのだが、読書のきっかけがつかめない、本を読む時間がとれないというご家庭も多いことでしょう。
 夕食後の一時間、ご家族みんなで本を読む時間に当てるというのも一案でしょう。お子さんも知らず知らずその雰囲気に引きこまれ、静かに本の世界に入っていくことでしょう。読書の感想の話し合いは、家族の心の交流を深めることにもなります。
 また、ご近所や地域で、母子読書会開いてみるのもよいと思います。大がかりなものでなく、手軽に、気楽に、集まってます読んでみることです。活字に親しむ習慣づくりこそ、すべての土台といえましょう。

特定の学科だけ好きな子/ 特定の学科だけ嫌いな子/ 国語を好きにさせるには/ 辞書を利用させるには/ 作文の嫌いな子/ 読書の嫌いな子/ 算数を好きにさせるには/ 計算間違いの多い子/ 理科好きにさせるには/ 実験器具の与え方/ 社会科を好きにさせるには/ 地図や図鑑の利用/ 地域観察とは/ 図画工作を好きにさせるには/ 怪獣の絵ばかり描いている子/ 音楽好きにさせるには/ 流行歌だけに興味をもつ子/ 家庭科を好きにさせるには/ 家庭科と男の子/ 体育好きにさせるには/ 水泳の教え方/ ダンスと男の子/ 英語好きにさせるには/ 辞書を引きたがらない子/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク