計算間違いの多い子

 子どもが、計算が間違いだらけで困っています。計算方法やその過程は理解できるようですが、めちゃくちゃな回答を出します。基本の数の感覚がわからないのではないかと思います。どのように指導すればよいのでしようか。
 お子さんの中には、計算のやり方が雑なために答をしばしば間違える場合があります。もっともつまらない間違いです。このようなお子さんは、いわゆる横書きの式を立式して、その答えを出していくとき、ノートの欄外や、下敷などに筆算をいいかげんに書いたり、テストの際でも、答案用祇のすみや裏に雑に計算を書きなぐっています。そのため、やり方は正しいのに、いわゆる計算間違いや位取りが違ったり、単位が違ったりといったミスが起こってくるのです。このような場合は、計算の過程を検討すれば、すぐにミスの箇所に気づくはずです。
 最近は、答えが合っているか違っているかだけを問題にして、その過程を十分に検討しようとしないお子さんも見受けますが、結果より過程は更に大切なのです。ノートや答案にも、過程をはしょって答だけ書くお子さんがありますが、計算の経過もきちんと順をふんで書いていくことが重要です。
 一方、計算のやり方に習熟していないために計算間違いをするお子さんには、どんな計算でつまずくか、つまずきの原因は何かをさぐる必要があります。
 算数の場合、一年から六年までの各学年で計算も系統だてて指導されるように構成されています。一年生の場合、中核になる計算は、繰り上がりや繰り下がりのあるたし算とひき算ですし、三年生の場合、中核になる計算は乗数が二倍数のかけ算と、除数が一倍数のわり算、簡単な分数や小数の計算などです。当然のことながら、一年あるいは二年の計算の学習内容が理解され習熟されていなければ、三年の計算はできません。つまずきの箇所があれば、次の段階へは進めないということです。ですから、お子さんがよく計算間違いをする場合には、どんな計算でつまずきが起こりやすいかを見きわめて、その箇所の計算のやり方を指導し習熟させなければなりません。

スポンサーリンク

 計算力を身につけさせるためには、計算のやり方、手順をきちんと理解させるだけでなく、答えがおよそいくらぐらいになりそうだという見通しと、計算の後の確かめをする態度が大切です。計算の見通し、手順、確かめの三者は、どれが欠けてもならないといえましょう。
 四年生になって、二桁や三桁の数でわるわり算の学習がはじまると、つまずくお子さんが目立ってきます。それは、わり算の過程をみると、たてる、かける、ひく、確かめる、おろすとなり「たてる」で商(仮商)をたてるときの暗算「かける」でかけ算「ひく」でひき算というように、暗算の力と、四則の×、−が含まれています。ですから、これまでの計算のどれか一つ身についていなくても間違うということになります。ひき算のくり下がりが十分習得されていなかったお子さんなどは、この割算で、はたと行きづまり、間違えることにもなるのです。まさに積み重ねが大事といえましょう。
 そして、間違いの多い場合には、どこで間違うのかを見きわめ、習熟していない計算があれば、その計算に習熟させなければなりません。一本の柱がぐらついていても家は建たないの道理です。
 同じく四年生で、かっこを使った式や、四則混合の計算を学習しますが、これらは、計算のきまりを知っていなくてはなりません。
 かっこを使った式の場合、かっこは先に計算する。小かっこ( )、中かっこ{ }、大かっこ[ ]をいっしょに使う場合には、まず( )の中を、次に{ }の中を、最後に[ ]の中を計算するというきまりを知っていなくてはなりません。ただし、( )があったら先に計算することと、単に暗記するのでなく、( )は、それをひとかたまりとみるので先に計算するということを、理解しておかねばなりません。
 四則混合計算の場合にも、計算をする順序には、×、÷の計算を+、−の計算より先に計算するというきまりを知ると同時に、その意味を知ること。そして、計算をできるだけ簡単にするために簡潔な式でまとめることができるようにすることです。
 このように、計算のきまりは、単にきまりを暗記するのでなく意味を十分に知ってきまりをおぼえることが大切です。
 2.7×3.4の小数のかけ算を例に意味をはっきりさせながら計算することを考えてみましょう。
 まず小数点をとってしまって27×34として計算します。これは2.7と3.4をそれぞれ十倍して計算したことですから、あとで積を10×10で割ります。
 これを機械的にやり方としてまとめれば、
 (1) 小数点がないと思って計算をする。
 (2) 小数点の右にあるけた数をたす。
 (3) (2)で求めた数だけ、積の小数点を左に移す。
 ということになりますが、意味を理解していないと小数点を移し間違えたり、たし算と同じように小数点をうったりというミスも起こってくるのです。
 わり算を例に考えてみましょう。284.5÷6.2のような場合、わる数が6.2にのままではわれません。そこで、わる数とわられる数を十倍して計算します。わり算では、わる数とわられる数の両方を何倍かしても商はかわりません。このことを知っていて、わる数が整数になるように両方を何倍かして計算するわけです。
 計算のきまりは、それぞれに整理しておぼえ、そのきまりによって計算していくわけですが、意味を知ってきまりを使うことこそ、ミスをなくすことにつながるのです。

特定の学科だけ好きな子/ 特定の学科だけ嫌いな子/ 国語を好きにさせるには/ 辞書を利用させるには/ 作文の嫌いな子/ 読書の嫌いな子/ 算数を好きにさせるには/ 計算間違いの多い子/ 理科好きにさせるには/ 実験器具の与え方/ 社会科を好きにさせるには/ 地図や図鑑の利用/ 地域観察とは/ 図画工作を好きにさせるには/ 怪獣の絵ばかり描いている子/ 音楽好きにさせるには/ 流行歌だけに興味をもつ子/ 家庭科を好きにさせるには/ 家庭科と男の子/ 体育好きにさせるには/ 水泳の教え方/ ダンスと男の子/ 英語好きにさせるには/ 辞書を引きたがらない子/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク