結婚前に生まれた場合

ここでいう未婚とは、結婚しようという意思のある男女間のことで、未だ結婚届を出していないために正式の夫婦となっていない場合を指します。ですから、近い将来に結婚する予定の男女とか、結婚式をあげ事実上の夫婦生活を営んでいる、いわゆる内縁の夫婦もここに含まれます。
 このような事情の下にある男女間で子ども ができた場合、どのようにしたら、正式の夫婦関係の下で生まれた子と同じように嫡出子の身分を備えさせることができるかということです。
 親と生まれた子について、血のつながっている生理的父母から生まれた子を実子とよんでいますが、民法では、生理的父子関係と法律上の父子関係とを区別しています。
 父母が結婚屈を出した夫婦関係にある間に生まれた子は、出生によって、当然に父子関係、母子関係ができ、法律でも、これを実子として認め、その子を嫡出子とよんでいます。
 これに対して、結婚届を出していない男女間で生まれた子は、実子であっても当然には法律上の父子関係を認めておりません。母子関係は出産により、原則として当然発生するものとされています。
 このように法律上の父子関係の認められない実子を、どうしたら認めてもらえるのかという問題なわけです。

スポンサーリンク

妊娠はしたが、まだ出産していないという場合には、早急に結婚届を出すことをお勧めします。
 民法では、結婚届を出したときから二〇〇日後に生まれた子は嫡出子と推定すると規定しており、結婚成立後二〇〇日前に生まれた子は嫡出子とは認めていません。
 しかし実際問題として、結婚届前に妻となるはずの女性のお腹に夫となるはずの男性の子を妊ってしまうという例はよくある話であり、また地方によっては結婚届か遅れるという悪い習慣の残っているところもあり、そのために結婚成立後二〇〇日前に子どもが生まれるということも多いのです。
 この民法の規定からすれば、結婚成立後二〇〇日前に生まれた子は、本来ならば嫡出子と推定されないことになりますが、そんな場合でも懐胎した女性と結婚する男性は、その子を自分の子と認めて結婚すると考えるのか一般的であるので、この子は嫡出子と認めてよいとするのが学者の通説であり、実務上もこのように結婚前に生まれた子も、いちおう嫡出子として出生届を受け付けることにしています。
 なお、内縁の妻が懐胎し、その後に正式の結婚をした後に生まれた子を嫡出子と認めた判例があります。
 出生届が出されていない場合、未婚の男女間に生まれた子は、母の子として出生届が出され、母の戸籍へ入ることになります。しかし、まだこの出生届が出されていなければ、いきなり嫡出子として届ける方法があります。
 すなわち、その子の父母の結婚届と一緒に生まれた子の「嫡出子出生届」を同時に出す方法です。そうすれば、その子は父母の結婚 前に出生した子であっても、この届出があれば、後に述べる認知の届出の効力があるとされているのです。
 この届出によって、その子は父母の氏(姓)をなのり、父母の戸籍へ入る簡便な方法があるのです。なお、子どもが生まれた場合の出生届は二週間以内に届け出なければなりませんが、これより遅れて出しても受け付けられます。ただし、遅れたことにより過料が科せられます。
 出生届が出されている場合、この場合には方法が二つあります。
 一つは、父親がその子は自分の子であることを表明する「認知届」を市区町村長へ提出し、ついで両親が正式に結婚届を出すという方法です。
 他の一つは、先に両親が結婚届を出し、その後に父親か「認知届」を出す方法です。
 このようにして、嫡出でない子が嫡出子となることを、法律は準正といっています。前者を婚姻準正とよび、この場合は結婚届を出した時から、後者を認知準正とよび、認知届を出した時から、その子は父母の嫡出子となります。
 しかし、民法では、いったん母の戸籍へ入り母の氏を称することになった子は、準正があったからといって、当然に結婚して同一の氏を名のるようになった父母の氏を名のることはできず、そのためには家庭裁判所へ子の 氏の変更許可申立書を提出し、この許可を得て、氏の変更をしなければならないとしています。
 そして、同一の氏を名のる親子になれば父母の戸籍へ入ることになるのです。
 しかし、実務上は、婚姻準正の場合には結婚届に、認知準正の場合は認知届に、母の氏を名のる子があり、その子も同一の氏を称する旨を記載しておけば、その子は同一の氏を名のれ、父母と同一の戸籍へ、その届出のときから入るものとされる簡便な手続きが認められていますので利用してください。
 また、実務上の取扱いでも、婚姻準正や認知準正の際に届ける書類上から母の氏を名のる子かいることがわかれば、この簡便な手続きができる旨を教えてくれます。

親が子供を養育する場合、育てていく義務がある/ 教育を受けさせる場合/ 養育するのが困難な場合/ 子供が連れ去られた場合、引渡請求権を行使する/ 養子をむかえる場合/ 子どもが生まれた場合/ 胎児と子どもの権利/ 結婚前に生まれた場合/ 結婚外で生まれた場合/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク