本の与え方

絵本は幼児の知的発達を促進させるための、玩具の一つです。子供が二歳になれば、絵本を使って遊ぶことができる。ここでいう遊びは、美しい色彩を見て楽しむ、親に読んでもらって、話を聞いて楽しむという遊びです。年齢的に早すぎるということはありません。
本をさかさまに見ることは、幼児にありがちのことである。幼児は大人とちがって、逆さまでも横向きでも、正しい向きと厳密に区別することができません。年齢が進むにつれて、だんだんと正しい向きで見るようになるから、この点については心配することはありません。本を破るのは、二歳の子供は絵本の意味を十分に理解できないためと考えてよい。破ってしまったら、読んでもらうことも絵を眺めることもできなくなります。本は、何度も読んだり眺めたりするものであることをだんだんに理解させていかなければなりません。そのためには、ただ絵本を買いあたえただけではいけません。まだ字が読めないのであるから、親としては何度も繰り返し読んで聞かせたり、絵を材料にしながらお話をつくって聞かせたりする必要があります。また、子供の絵本のとり扱いは、どうしても乱暴で本が破損することも多い。そんなとき子供の目の前で親がセロテープなどで補修すれば、子供に本は大切に扱わねばならぬことを教えることにもなります。

スポンサーリンク

出版されている絵本や童話は、非常に種類が多い。できるだけよい本を買うことが望ましい。絵本でいえば、一般に色彩や人物や動物の表情がどぎつすぎるものは避けたほうがよい。親自身も、機会を見つけて本屋でいろいろな絵本や童話を見くらべてほしい。新聞などで紹介されたり、推薦された本を求めるのもひとつの方法です。子供が幼稚園や保育園に通っていれば、担任の先生の意見を聞くのもよい。子供によい本を読ませたいと思ったら、親も子供の本に関する情報を集める努力をしなければなりません。
子供を本屋につれていくと、テレビ番組になっている絵本ばかり買いたがる傾向があります。子供が興味をもっているのであるから、そういう絵本をあたえるのも悪くはありません。けれども、そういう種類の本だけでは困ります。テレビ番組と同じくらい、あるいは、それ以上におもしろい楽しいお話もあることを教えなければなりません。子供の興味がテレビ番組にしばられていたのでは、興味が狭い範囲に限られそれ以上発展しません。
読書の習慣は、ぜひ子供の身につけさせたいもののひとつです。幼いうちから絵本を読んだり、童話を話してきかせることは、読書のおもしろさ、楽しさを教えることになります。読書の習慣をつけるためには、子供自身が読書の楽しさを知ることが一番大切なことです。同時に、親自身が読書の習慣をもっていることも必要です。親はテレビばかり見て本はほとんど読まないという生活をしていたのでは、子供に読書の習慣がつくわけがありません。親の生活に書物がかくべからざるものになっていれば、特別な指導をしなくても、子供は本を大切にするようになるし、読書の習慣も自然に身についていきます。
子供がしだいに成長し青年期になると、子供は親との接触を拒否しがちになります。そんなときにも、子供が読んでいる本を親が読んだ経験を持っていれば、書物が共通の話題になって、心の交流の糸口になることもあります。

離乳の時期/ 添寝/ 排便のしつけ/ 食事のしつけ/ 厳しい躾と過保護/ 退行現象/ おんぶとだっこ/ 母乳と人工栄養/ 玩具の選び方/ 本の与え方/ テレビの見方/ マンガしか読まない/ 母子家庭・父子家庭/ 継母子関係/ どんな叱り方をしたらよいか/ 指しゃぶり/ 夜泣き/ 噛みつく子/ 夜尿/ 偏食/ 恐がり/ 悪夢にうなされる/ 第一反抗期/ 動物をいじめる/ おばあちゃん子/ 男の子らしさと女の子らしさ/ 兄弟/ 末っ子/ 一人っ子/ 乱暴な子/ いたずらの激しい子/ 父親っ子・母親っ子/ 幼稚園の効果/ 幼稚園ぎらい/ 保育園/ 集団保育/ のろい子/ 自主性のない子/ 内気/ 遊べない子/ いじめっ子・いじめられっ子/ 幼児の嘘/ 悪い言葉と流行語/ 良い性格/ 知能は生まれつきか/ 幼児と読み書き/ 幼児の数教育/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク