兄弟

男、女、女の三人兄弟の母親です。長男はおとなしく泣虫なのに、長女は男の子のように活発です。同じ兄弟でも、こんなに性格が違うものでしょうか。また、よるとさわるとケンカばかりしています。どのように指導したらよろしいでしょうか。
兄弟げんかをはじめとして、兄弟をめぐる質問は多い。けれども、成長する子供にとって、兄弟と毎日家庭でいっしょに生活することは重要な意味をもっています。兄弟のないひとりっ子の家庭生活は、空虚で寂しいものです。兄弟とけんかをしたり、下の子の面倒をみたり、上の子にいじめられたりしながら、子供は他人とどうしたら仲よく暮していけるか、どうしたら適切な人間関係をつくることができるかの基礎を学んでいます。乳幼児期に子供が兄弟関係をつくることは、子供の成長にとってもたいへん有利なことといえます。

スポンサーリンク

親はまったく同じように育てたつもりでも、長子、第二子、第三子の間には性格の相違がみられるのが普通です。また、同じ長子であっても、下の子が男子であるか女子であるかによって、性格や兄弟関係のありかたは違ってきます。兄弟関係のありかたや子供の性格には、兄弟の数、出生順位、兄弟の性別構成、年齢間隔などの要因がからみあって影響を与えています。
一般的にいえば、長子は第二子、第三子に比べるとおとなしく、気が弱く、すなおで、慎重です。これは親にとって長子を育てることははじめての経験であり、非常に気を使って神経質に育てたためです。第二子、第三子は快活で、活動的で、やきもちやきで、強情です。親にとって育児は経験したことなので、長子の場合よりのんびりとあまり過大な期待をもたずに育てることができるからです。末っ子になると、親はいつまでも子供扱いするので、甘ったれで、依存的な性格をもちやすい。
兄弟にはケンカはつきものです。ケンカをしない兄弟はないと考えてよい。兄弟は、親の愛情や注目をあらそっています。上の子は下の子に追いつかれまいとするし、下の子は何とかして上の子と同じように行動したいと思っています。ケンカが起きるのは当然です。しかし、兄弟の間の対立は、ケンカの原因が些細なことであることが多いし、お互いに実力を知っているので半ばなれあいの気持でケンカをしている。嫁と姑の間の対立のように深刻になることはありません。兄弟が仲よく遊んでいる時間も多いから、兄弟げんかにはあまり神経を使う必要はありません。
兄弟げんかの場合などに、親がいつも誰かの味方と子供に思わせるのはよくない。親はすべての兄弟に対して平等にふるまわねばなりません。親が兄弟のなかのひとりを偏愛すると、望ましい兄弟関係をつくることはできません。平等に扱うといっても、例えば五歳と三歳の兄弟にいつも同じものを買い与えるというのは、一見平等にみえても本当の平等ではありません。同じものをもらえば、下の子は満足しますが、上の子は不満です。日常生活で、親は五歳の子供に三歳の子供と同じことを期待し、要求しているわけではありません。ごはんをこぼしても、上の子は叱られるけれど下の子は叱られない。生活全体では年齢差を考えているのに、もらうものにはこの差がないというのは、本当の平等ではありません。
本問のように三人兄弟であると、まん中の子供が孤立しがちです。第二子は上からは抑えられ、下からはつきあげられる立場にあります。親としても、長子には大きな期待をかけ、末っ子は甘やかしがちになります。第二子だけが疎外されやすい。そうならないように、十分に気をくばってほしい。

離乳の時期/ 添寝/ 排便のしつけ/ 食事のしつけ/ 厳しい躾と過保護/ 退行現象/ おんぶとだっこ/ 母乳と人工栄養/ 玩具の選び方/ 本の与え方/ テレビの見方/ マンガしか読まない/ 母子家庭・父子家庭/ 継母子関係/ どんな叱り方をしたらよいか/ 指しゃぶり/ 夜泣き/ 噛みつく子/ 夜尿/ 偏食/ 恐がり/ 悪夢にうなされる/ 第一反抗期/ 動物をいじめる/ おばあちゃん子/ 男の子らしさと女の子らしさ/ 兄弟/ 末っ子/ 一人っ子/ 乱暴な子/ いたずらの激しい子/ 父親っ子・母親っ子/ 幼稚園の効果/ 幼稚園ぎらい/ 保育園/ 集団保育/ のろい子/ 自主性のない子/ 内気/ 遊べない子/ いじめっ子・いじめられっ子/ 幼児の嘘/ 悪い言葉と流行語/ 良い性格/ 知能は生まれつきか/ 幼児と読み書き/ 幼児の数教育/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク