遊べない子

五歳の男児ですが、一人っ子でそのうえ大家族でしたので、ほとんど大人ばかりを相手にして育ってきました。近所に適当な遊び相手がないので、今度、幼稚園の二年保育に入れたのですが、お友だちとうまく遊べないようで困っています。どうすればよいでしょうか。
うまく遊べないというのも、具体的にはいろいろな場合があります。
例えば、まず内気やひっこみじあんが強いために、いつも皆の輪の外で指をくわえている子供がいます。おそらくこの型がいちばんありふれたものですが、しだいに慣らしていくよう努めるより冷かしかたがありません。
次の型は、内気とは正反対の意味で遊べない子供です。わがままで、協調性がなく、気も強く体力も優れています。こんな子供は自己主張を押しとおそうとして楽しい雰囲気をうちこわし、ときには腕力をふるったりして仲間を嫌がらせします。しぜんと友だちもできないという具合です。これは、むしろ、いじめっ子に近い。
この型の変種として、人一倍達者な憎まれロをきき、仲間をいじめる子供がいます。肉体的な暴力のかわりに言語的な暴力をふるうのです。知的な専門職の子弟で、大人に囲まれて育ち、体は小さいが口は達者な子供によくみられるものです。どちらにしても、いじめっ子タイプでは、攻撃的なところがうまく抑制されていない点で問題になります。

スポンサーリンク

本問の場合はしかし、以上のどれにもあてはまらないようです。むしろ、いわゆる変り者タイプではないでしょうか。つまり、仲間づきあいの始まる大切な時期に友だちがいなかったため、社会的な訓練が十分できていない型であるように思われます。
この型の子供には、大人ばかりを相手にして育ち、いつも大人からの指導や命令によって動かされてきた例が多いようです。そのため、子供はきめられたとおりのことは楽にやってのけるけれども、自分からすすんで何かをしようという自発性に乏しくなります。積極的に友だちとつきあおう とする気持が、はじめから薄いのです。
さらに同年輩の仲間なら、お互いに我を張って泣いたり泣かされたりが必ずでてくるのですが、この型の子供は大人との一方交通的つきあいに慣らされているので、相互的つきあいは不得手です。また、自分を抑さえる訓練もできていません。
さらに、大人からの影響をいつのまにか強く受けているため、ある面だけはひどく大人びて不つりあいになっていることがあります。例えば、不相応に難しい事柄に興味をもち、ふつうの子供らしい遊びは好まないので、なお、仲間にとけこめなくなってしまいます。
以上のように、このタイプの子供は、仲間からの孤立をあまり気にしないところに特徴があります。そうして、むしろ、自分だけの興味に熱中していることが多い。
対策としては、まず、躾の態勢全般についての反省が必要です。いつも、一方的、指導的なやり方をおしつけていたのではないか、とすれば、子供相手にも、もっと平等な親子の相互交渉がありうるはずです。そこを考えてみなければなりません。
同年輩の友だちは、ぜひとも必要でしょう。その意味で、幼椎園にかよわせたのはよい。先生によく子供の特徴を説明し、皆の仲間に入れるような指導をしてもらったらどうでしょうか。いずれにしろ、まだ小さいのだから、焦らずに長い目でみていく心構えが大切です。

離乳の時期/ 添寝/ 排便のしつけ/ 食事のしつけ/ 厳しい躾と過保護/ 退行現象/ おんぶとだっこ/ 母乳と人工栄養/ 玩具の選び方/ 本の与え方/ テレビの見方/ マンガしか読まない/ 母子家庭・父子家庭/ 継母子関係/ どんな叱り方をしたらよいか/ 指しゃぶり/ 夜泣き/ 噛みつく子/ 夜尿/ 偏食/ 恐がり/ 悪夢にうなされる/ 第一反抗期/ 動物をいじめる/ おばあちゃん子/ 男の子らしさと女の子らしさ/ 兄弟/ 末っ子/ 一人っ子/ 乱暴な子/ いたずらの激しい子/ 父親っ子・母親っ子/ 幼稚園の効果/ 幼稚園ぎらい/ 保育園/ 集団保育/ のろい子/ 自主性のない子/ 内気/ 遊べない子/ いじめっ子・いじめられっ子/ 幼児の嘘/ 悪い言葉と流行語/ 良い性格/ 知能は生まれつきか/ 幼児と読み書き/ 幼児の数教育/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク