幼児の数教育

三歳の男の子ですが、少し教えたら、一〇まで数えられるようになりました。自慢できることでしょうか。幼児に数を教えると、悪いくせがついて、小学校に入ってからかえって困るという話は本当でしょうか。幼稚園の段階では、どんなふうに教えたらよいのでしょうか。
幼児の数の能力というと、ふつう数えることがまず取り上げられます。そのため、家庭では、数を教えるとは、数えることを教えることだと考えられがちです。もちろん、数えることは、数の学習の初期には非常に重要です。しかし、数がわかるには、それだけでなく、数のいろいろの性質を理解することが必要なのです。

スポンサーリンク

数えるということも、実は、そう単純ではありません。数の理解に従って、数えることにもいろいろの段階がみられます。幼児はたいていまず、イチ、ニ、サンと数の系列を順に唱えることを教えられます。しかし、これだけなら、お経の文句のように意味がわかっていてもいなくても、ただ暗記すればできます。したがって、数の系列がイチからジュウまでいえても、それだけの数が理解されているとは限りません。例えば、その子は物の数を数えられるだろうか。いくつかの物を並べて数えさせると、物と数とが対応しなくなって混乱してしまうかもしれません。また、きちんと数えられるようになった子供でも、数えた物がいくつあるかわからないことが起こったりします。
これは、数の一対一対応という性質や集合の数ということがわかっていないからです。このように、一口に数えられるといっても、実際にどの段階のことができるかが問題なのです。
家庭で幼児に数を教えるとき、数えることに偏り過ぎている場合が多い。ところが、数の性質の理解が進まないと、数えること自体がうまく使いこなされません。例えば、二群の同じ数の物を、一方はつめて短く並べ、他万は間をおいて長く並べて、どちらが多いかたずねると、幼児では、たいてい長い列の方が多いと答える。つまり、見かけの状態で多少を判断してしまうのです。ところが、数は並び方今形や大きさなど見かけの状態できまるのではありません。同じ数はどう並べても同じ数です。これを数の保存といいますが、こういう数の基本的な性質の理解が進まないと、本当に抽象的な数の概念がわかったとはいえません。
数は物の集合の性質の一つであるから、物の集合を取り扱わせていろいろの経験を与えることが、数の理解にとって有効です。いろいろな物のいろいろな集合について、互いに比較したり、一対一に対応させたりし、そのなかで数の保存や数の大小関係、系列性を経験させます。また、集合を分解したり合成したりして、教の相互の関係を把握させるなどのことが考えられます。
数はただ名称を覚えて無意味なのであるから、幼死期では、いたずらに大きな数まで範囲を広げないで、一〇前後の範囲内でいろいろな取扱いができるようにした方がよい。そこで教の基礎的な理解ができれば、円滑に大きな教に展開していけます。
数は、概念の中でも抽象的で高度なものに属するので、子供は、どこかで教えられないと、数がわかるようにはなりません。ではいつ教えたらよいか。一般的には、教えて学習されるなら、いくら早くてもよいといえます。上述のように、物の集合を通して数に親しませ、数の性質の理解を促進するという方向に留意していくならば、悪いくせがつくとは考えられません。小学校の入学時に能力差が大きいのは困るという意見もあるようですが、学習過程で個人差が現われるのは止かをえないことで、むしろ、各人がそれぞれの最適のペースで学習を進めていくべきだといえます。

離乳の時期/ 添寝/ 排便のしつけ/ 食事のしつけ/ 厳しい躾と過保護/ 退行現象/ おんぶとだっこ/ 母乳と人工栄養/ 玩具の選び方/ 本の与え方/ テレビの見方/ マンガしか読まない/ 母子家庭・父子家庭/ 継母子関係/ どんな叱り方をしたらよいか/ 指しゃぶり/ 夜泣き/ 噛みつく子/ 夜尿/ 偏食/ 恐がり/ 悪夢にうなされる/ 第一反抗期/ 動物をいじめる/ おばあちゃん子/ 男の子らしさと女の子らしさ/ 兄弟/ 末っ子/ 一人っ子/ 乱暴な子/ いたずらの激しい子/ 父親っ子・母親っ子/ 幼稚園の効果/ 幼稚園ぎらい/ 保育園/ 集団保育/ のろい子/ 自主性のない子/ 内気/ 遊べない子/ いじめっ子・いじめられっ子/ 幼児の嘘/ 悪い言葉と流行語/ 良い性格/ 知能は生まれつきか/ 幼児と読み書き/ 幼児の数教育/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク