都道府県と市町村

明治憲法下の地方制度においては、府県知事は普通地方官庁として官吏の身分を有し、かつ、市町村に対してもきおめて広範な監督権をもっており、地方行政は府県知事を中心とし、府県を本位として行われてきた。これに対して、現行憲法、地方自治法下においては、憲法上の地方自治の保障を前提として、一応原則的には都道府県と市町村の二重構造が保障され、かつ、理念的には、都道府県と市町村とは、基本的に同一性格をもつ対等平等の関係にある自治体であって、その間に上下関係または監督関係は存在しないが、市町村が基礎的な自治体であるのに対して、都道府県は市町村を包括する広域の自治体であるとされました。そして、戦後教育行政改革における教育行政の地方分権化の志向、確立のなかで、都道府県と市町村との教育行政上の関係、特に都道府県教育委員会と市町村教育委員会との関係も、両者とも同一の行政委員公的性格をもつものとして、原則として併立対等関係にあると考えられました。すなわち、旧教育委員会法は、「法律に別段の定かある場合の外、都道府県委員会は、地方委員会に対して行政上及び運営上指揮監督をしてはならない」と規定し、都道府県委員会は地方委員会に対して、技術的、専門的な助言と指導を与え、登所轄区域の教育に関する年報その他必要な報告書を提出させることができるにすぎないとされました。

スポンサーリンク

しかし、教育行政上の都道府県と市町村との原則的関係も、かつてのごとき都道府県の市町村に対する上級監督団体化を背景として、特に講和以後の「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」を中心とした「反改革」法制によって変動せしめられ、都道府県段階への教育行政上の権限の集中という現象を呈しています。すなわち、都道府県委員会と市町村委員会の相互間の連絡、調整、協力関係を前提として、まず第一に、都道府県委員会は、旧市町村に対する市町村の教育事務の適正な処理をはかるための必要な指導、助言または援助、市町村委員会の所管に属する学校その他の教育機関の管理運営の基本的事項についての教育水準の維持向上のために必要な基準の設定、公立高等学校(市町村立を含む)の通学区域の指定、市町村長または市町村委員会に対する市町村区域内の教育事務に関し必要な調査、統計その他の資料または報告の提出要求などの行政的関与権限をもつとされ、さらに、第二に、国の機関としての都道府県教育委員会は、市町村委員会の教育長の任命の承認、県費負担教職員の任免その他の進退、勤務評定計画策定、市町村長または市町村委員会に対する教育事務の管理執行について違反の是正改善のため必要な措置要求、教育事務に関する必要な調査などの国の機関委任事務について指揮監督権をもつとされます。そして、これらに、市町村立義務教育学校教職員給与などの市町村教育財政の県への依存が加わります。このようにして、都道府県教育委員会は市町村教育委員会の上級機関としての性格を強めているといえます。このような現状に対しては、教育行政における地方自治を重視する立場からは、憲法上の学問の自由、教育の自由および地方自治の保障が存在すること、かつ、都道府県と市町村とが同じ自治体として原則的には対等平等関係にあることを前提とし、都道府県には、その機能において、基礎的自治体としての市町村の発展、すなわち市町村が「公正な民意により、地方の実情に則した教育行政」を行うための補完的、連絡調整的役割を担うべきことが強く求められます。したがって、そこでは、行政的関与あるいは機関委任事務に対する指揮監督権も、限定的に解釈され、市町村の自主性の確立が強く求められることになります。

教育内容の意義/ 教育課程/ 教科書の検定/ 教科書の採択/ 教材と教具/ 教育評価/ 教職員の意義と範囲/ 教職員の資格と免許/ 教員養成/ 教職員の身分と職務/ 教職員の政治活動の自由と労働基本権/ 学校施設の意義/ 学校事故の意義/ 学校事故と補償/ 社会教育の意義/ 社会教育と住民/ 社会教育施設/ 社会教育職員/ 社会教育関係団体/ 教育と自治体/ 国と自治体との関係/ 都道府県と市町村/ 自治体と教育委員会/ 私学や保育の関連行政機関/ 教育委員会制度の意義/ 教育委員会の組織と権限/ 学校管理規則/ 都道府県教育委員会と市町村教育委員会/ 教育長の地位と権限/ 指導主事の地位と権限/ 中央教育行政の意義/ 国の教育行政機関/ 文部科学省の権限/ 教育費の内容/ 教育費の財源/ 子どもと親権者の地位/ 親権者の権利と義務/ 両親のいない子どもの教育権者/ 少年法の目的と内容/ 学習権と保護処分/ 少年法の法制/ 児童憲章と教育法/ 教育奨励法制/ 障がい者教育/ 教育労働と教育法/ 勤労青年教育と教育法/ 企業内教育と教育法/ 安全通学の保障/ 信教の自由と宗教教育/ 私立学校と宗教教育/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク