嘘をつく子

 子どもの嘘には、次の二通りのものがあります。
 第一に自分の空想と現実との区別がつきにくいために生まれてくる嘘です。
 例えば「うちのお父さん社 長だといいな」と考えはじめ、社長だとこんなこともしてもらえる、あんなこともしてもらえるなどと考えているうちに、何だかすでにお父さんが社長になってしまっているような錯覚におち入ってしまって、思わず「ぼくのお父さん社長なんだぞ」などと口ばしってしまうといったのがそれです。
 こういう嘘は、たしかに現実とは違うことを言っているのですから、嘘には違いないのですが、こういう嘘は、とがめるべきではないでしょう。
 精神的に成長してゆきますと、だんだん現実は現実、空想は空想として処理することができるようになりますから、自然に消えてゆきます。

スポンサーリンク

 第二の場合は、子どもが追いつめられた時の嘘です。
 例えば「きみは忘れものが多いね、なぜ忘れものをするのか理由を言いなさい」などというのがそれです。
 これは、そういう言い方をしている大人の方が、もともと無理難題を言っていることになります。
 なぜなら、忘れものをするというのは、ぼうっとしていたから忘れものをしたのであって「なぜ」だとか「理由を言え」といっても言えるはずがありません。
 理由が言えるぐらいだったら、忘れものなどするはずがないからです。
 子どもは、どのように答えてよいかわかりませんから黙っています。
 それを反抗的な態度だとして、さらに追いつめます。「理由を言うまでは許さん」などと言われますと、子どもの方は、何とか言い逃れをしなくてはおれなくなります。
 そこで「先生がもって帰らなくて良いって言ったよ」というようなことを言わざるを得ません。
 先生に電話でたしかめたところ、そんなことを言ったおぼえはないという、また嘘をついたなということになるようです。
 厳格な家庭から意外に嘘つきが出るというのは、こうした順序によっている場合が多いようです。
 厳格という言い方は、いかにもしっかりした躾をしているように聞こえますが、たいていは、このような無理難題をおしつけたり、両親のエゴむき出しの指導をしている場合が多いのです。
 頭に「なぜ」という言葉がつく叱り方や、問いつめ方をしている場合は、たいてい、この種の無理な言い方である場合が多いことに気をつけてください。
 「なぜ、ケンカをするのだ」ケンカというものは、起こってしまうものです。両方ともカーツとしていますから、理由などなかなか言えるものではありません。
 「なぜ、お前はそんなにグズなのだ」これも答えられません。子どもには自分を分析する能力はありませんから、「なぜ」と言われても、自分のグズの原因や、グズのメカニズムをとらえて答えることは、まったく不可能なことです。
 だから追いつめられると、他人に責任を負わせてしまったり、理由にならない理由を言うことになってしまうのです。
 成績が悪かったのに、良かったように嘘をついたとのことですが、ご本人が「もっと良い成績だといいな」と空想しているうちに、その空想が思わずほんとのことのように思えてきたためについた嘘なら放っておいてもよいと思います。
 しかし、ご両親がしょっちゅう「なぜ、お前はそうできないんだ」などと問いつめていることはないでしょうか。なぜできないのかと言われても、成績の悪いことの理由や原因を分析して答える能力などはありません。
 また「なぜ、そんなに悪い成績をとっているのに平気な顔ができるのだ」などというのも無理です。
 「お前はやってやれないわけはない。やる気を起こせ」とか「負けてくやしくないのか。くやしいと思え」とか「意地を出せ」あるいは「これ から心を入れかえてがんばれ」などということは言っていないでしょうか。
 「やる気を出せ」と言われて「やる気」の出るものではありませんし「負けるものか」と思え「意地を出せ」などといわれてそう思えるものでもありません。
 試みにご両親が、そう言われた場合を考えてみてください。ほんとうに「やる気を出せ」と言われれば「やる気」が出てきますか。まして、「心を入れかえて」などというのは、まったくナンセンスとしか言いようがありません。
 こういう嘘が出てくる時は、大人の方こそ考えなおさなければならないと言うべきでしょう。

性格づくりと情緒/ 個性的な子/ 身のまわりの事が一人できない子/ 自主性のある子に育てたい/ 明るい子/ 表情豊かな子/ 思いやりのある子/ 創造性のある子/ たくましい子/ 素直な子/ 協調性のある子/ 困った性格を治すには/ 怒りっぽい子/ 落ち着きのない子/ 内弁慶の子/ 神経質な子/ 欲ばりの子/ 嘘をつく子/ わがままな子/ 甘えん坊/ 泣き虫の子/ 理屈っぽい子/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク