わがままな子

 わがままな性格というのは、はやめに直しておいてやらないと、大きくなっていろいろな人との社会生活をする上で支障が起こります。そのためにまわりの人にも迷惑がかかりますし、本人自身が不幸におちいってしまうことがあるようです。
 わがままな子というのは、だいたい次のような特色をもっているようです。
 第一に、常に自分が中心でないとおれない。(自己中心性)
 例えば、おやつを分けるような場合、常に自分が一番先で、一番良いものをとらないではおれない。
 どこかへ出かけるような場合、さっきまで喜んで準備をしていたのに、ごくささいなことからふくれてしまって、「私は、いかない」と言いはってしまう。
 また、自分の失敗をいつでも他人のせいにするのも自己中心性の現れでしょう。自分がつまずいて転んだにもかかわらず、そこに物を置いておいたお母さんが悪いと考えてしまうとか、自分が忘れものをしたのに、お母さんがカバンに入れておいてくれなかったのが悪いというのなどがそれです。
 その点では、自分がこの子を育てる重要な責任者であったにもかかわらず「いわゆるおばあちゃん子で、祖母が何でも言うことを聞いてやっていたために、わがままに育ってしまいました」と言っているお母さん自身もこの種の責任転嫁をしているわけで、自己中心性があるのかもしれません、それがお子さんに乗り移ったという点も反省してみる必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

 これは一種の自立心の未成熟とも言えますし、一種の甘えということもできます。
 要するに、自分も、家族の一員にすぎないといったことを自覚させる必要があります。そのような時「あなたも家族の中の一人にすぎないのよ」とか「そんなわがままは許せません」などと口先だけでたしなめてみても何の効果もないに違いありません。
 体に教えこむことが一番です。家庭の中の仕事を分担させるというのもその一つでしょう。
 ごはんの支度をする時、お皿を配る役割をさせるとか、犬のえさを与える役とか、雨戸を開ける役などといったことから始めるとよいでしょう。
 第二の特色は、自分の要求するものは全部とおると思っている点です。
 デパートヘ行けば、自分のほしいおもちゃは、何か何んでも手に入れないではおれず、床に ひっくりかえったり、泣き騒いだりします。そのくせ、それを手に入れても、二、三日は特って遊ぶけれど、すぐにあきて放り出してしまうくせがあります。
 テレビの番組選びでも、泣いて騒いででも、自分の好みをとおさせてしまう。それでいて、いいかげんな見方をしている。といったことがそれです。
 まず、その泣いたり、騒いだりするのにまいってしまわないことです。デパートなどでそれをやられると、みっともないという気持ちが先走って、つい要求をかなえてしまいがちです。
 あらかじめ、「今日は、おもちゃは買いませんよ」と約束しておくことも大切ですが、その泣き騒ぐ時に断固として拒否することです。一、二度がんばればあきらめるものです。また、こうした子の特徴に「すねる」「ふくれる」といったこともありますが、それに対してもいたわったり、声をかけたりしないで、放っておくことにしたいものです。
 また、普段から、腹八分目という言菓がありますが、要求することの八分目を与えることにするという工夫をしてください。
 例えば、おもちやや本なども、十ほどはしがっているなら、八だけ与えるということです。
 ところが、ふつうの家庭では、十ほしがっているにもかかわらず、十五も十六も与えているものです。
 だから実際上は半分ぐらいでちょうどよいのかもしれません。
 たぶんおもちやや本などはすでに与えすぎている面があると 思われます。だから、最近もって遊んでいるおもちゃや本を選んで、それを残し、あとは全部隠してしまいましょう。そしてタイミングを見て少しずつ出してやるというのも一つの方法かもしれません。
 第三の特色は、まわりの人の不都合さが目に入らないという点です。
 この点は社会生活をするのにもっとも大きな障害になることは明らかなことです。
 こんなことから、せっかくよい能力をもっているのにもかかわらず、クラスの子どもから嫌われて、孤立してしまったり、劣等感をもったりするために能力が十分発揮できない子どもというのは少なくありません。
 第一、第二の特色のところで述べたようなことを実行することによって、ある程度改善されるとは思いますが、何としても近所の子どもとのふれあいを多くしてあげたいものです。
 子ども同士の接触の中では、そんなにわがままが通るものではないという体験が必要なのです。

性格づくりと情緒/ 個性的な子/ 身のまわりの事が一人できない子/ 自主性のある子に育てたい/ 明るい子/ 表情豊かな子/ 思いやりのある子/ 創造性のある子/ たくましい子/ 素直な子/ 協調性のある子/ 困った性格を治すには/ 怒りっぽい子/ 落ち着きのない子/ 内弁慶の子/ 神経質な子/ 欲ばりの子/ 嘘をつく子/ わがままな子/ 甘えん坊/ 泣き虫の子/ 理屈っぽい子/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク