中間の子

 三人きょうだいの真ん中で、小学校一年生の女の子ですが、学校に行くようになってから、きょうだいで遊ぶこともせずすぐケンカをします。私はいつもできるだけきょうだい一緒に接しているっもりですが、きょうだいの真ん中なので性格のうえで片寄りが生じないかと心配しています。上は四年生の男児で、下に四歳の妹がおります。
 三人きょうだいの真ん中というのは、何とも不利な立場のようです。上の子どもは、親にとって初めての子どもで新鮮な気持ちで育てるでしょうし、下の 子どもは小さくて手がかかったり、家中のペットのような存在で、何かと注目されます。いきおい、目新しくもなく、手もかからない真ん中の子どもは、親の気安さから、気くばりの狭間に置かれ、何となく不足がちの気持ちで育つことが多いようです。しかも小さい時から、上の子どもと親の関係をよく見ていますし、その中に自分の立場を築いていこうとしますから、どちらかというと現実的で、人の気持ちがわかり、自分個人の満足を求めるより、相手が満足することで自分も満足するというような傾向があるように思えます。そのことは親から見ると、便利で好ましいので、真ん中っ子のそのような努力を良い子として認めることが多くなれば、このような傾向はますます助長されます。

スポンサーリンク

 平均的な真ん中っ子の像を述べてみましたが、すべての子どもがこのような筋書きどおりに育つとはもちろん言えません。上の子どもと年令が近い場合、お母さんがもっぱら赤ちゃんを受持ち、上はおばあちゃんに面倒をみてもらったという方もあるでしょう。この場合、上のお子さんはおばあちゃん子になって、むしろ真ん中のお子さんがお母さんとのつながりが深くなったり、三人きょうだいの真ん中だけが女の子であったりすると、特別扱いをされて育ったりということもある訳です。お宅の場合は、上が男で二番目が女ということになりますから、二番目であっても女の子としての別の期待があったことでしょう。
 要するに子どもというものは、人と人とのつながりの中で、いろいろな影響をうけて育っていくということです。特に乳幼児期の人間関係によって、子どもの人に対する見方、自分に対する見方の最初の色づけがなされ、それ以後の経験は、その基礎の上に積まれていくという重要性がある訳です。そして、親の育て方の意識された部分だけが子どもに影響を与えるのでなく、むしろ無意識的な相手に対する態度が大きく影響を与えることの方が多いのです。いつも出 来るだけきょうだい一緒にと心がけていらしても、本当に一緒にということは出来ないのではないでしょうか。両親だけの所に子どもが生まれた時の生活と、すでに子どもがいる所に更にもう一人生まれてきた時の生活は、ずい分違うことでしょう。そういう環境が親を枠づけ、その親によって子どもが枠づけられながら育っていきます。それは良い悪いということも、望んだとか望まなかったということも、努力の有無ともあまりかかおりのない所で決められてくることが多いのです。すべての人間がそういう中で育つからこそ、二人と同じ人間はいないので、子どもを育てる時は、むしろ、なるべくきょうだい一緒にと考えるより、二人一人別なのだと考えた方が良いと思われます。ただ大まかにみた時に共通部分があって、それが一人っ子の特徴とか末っ子の特徴と言われることにつながってくるのでしょう。そして真ん中の子どもは上下にはさまれているという複雑さを背負っているので、ひがみやすかったり、人の顔色を見ることが多くなったりしがちだという訳です。
 人や自分に対する見方がちがう以上、同じ事柄に対する見方もちがってきます。おやつをたべる時に、体の大きさの違いから上の子どもにたくさんあげるというようなことはよくあります。自分に皆の関心が向けられることの多い末っ子は、おやつの量と大人の愛情を関連づける必要はないので、そのことに何も感じないけれども、いつも何かと人の自分に対する関心の示し方に注意を払っている真ん中の子は不公平と受取るかもしれません。だから、皆一緒にという時あまり表面的なことにこだわっても、かえってうまくいかないのではないでしょうか。それは、自分は同じようにしたのにというお母さんの気持ちによって、同じにしても受取り方がちがうという現実に目を向け ることがなくなってしまうからです。表面的な公平さより、一人一人の子どもがお母さんをどう見ているか、どう感じているかを確かめることの方が大事だと思うのです。それぞれの子どもにとって、ここぞという場面があるはずで、そういうポイントをきちんとおさえていれば、日常あまり神経質になることはないのです。一人一人の子どもをきちんと理解して、お母さんとのつながりをたしかめてください。それぞれの子どもの良さをきちんと抱え、良いと思っている所を子どもに伝えてください。お母さんが自分を誇りに思っていてくれる、自分を大事にかわいがっていてくれるという安心感、満足感さえあればどんな立場におかれた子どもでも良く育ちます。もし、上下の子どもにかまけることが多いと思えば、時には真ん中の子どもと二人だけの時間をつくってみるのも、子どもにとって素晴らしいことでしょう。
 学校へ行くようになって、きょうだいとすぐケンカをするようになったということですが、これはお子さんが学校に行くことにより、新しい人間関係を持 つことになり、また自分は大きくなったのだという意識を持つようになって、家庭内で上下に気を使っていたのが、心のままに振る舞えるようになったとも考えられます。逆に、学校の生活で緊張が多くなり、家に帰った時、いままで出来ていたちょっとした我慢が出来なくなっている状態とも考えられます。ケンカが多くなったことだけでなく、全体的に変化を見ていってその意味を読みとってください。お子さんのこういう変化は、その意味を理解しようとすることによって、お子さんとのつなが りを確かめていく貴重なチャンスになり得るのです。

父親と母親の意見と態度の食い違い/ 父親の言うことはきくが母親の言うことはきかない/ 親の顔色をうかがう/ 親の言う事を聞かない/ 親を批判する/ 親と話をしたがらない/ 親を脅す子/ 注意するとすぐふくれる子/ 自分の物に人がさわると嫌がるときの扱い/ 口答えする/ 反抗期の子ども/ 兄弟への公平な接し方/ 兄弟げんか/ 弟や妹をいじめる/ 異性のきょうだいのいない子/ お下がりと子どもの不満/ やきもち/ 一人っ子/ 末っ子/ 中間の子/ 長男・長女/ 祖父母と子ども/ 家族としての意識の薄い子/ 子供部屋と家族のふれあい/ 難しい中学生との接し方/ 大学進学問題で親子の意見が対立したとき/ 義理の親子関係/ 離婚したときの子どもの扱い/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク