才能を伸ばすには

 五歳になるうちの長女は、歌を歌ったり、レコードを聴いたりするのが好きなようですので、音楽の才能があるのではないかと思います。近所では、子どもにバイオリンやピアノなどを習わせているところが多いようです。やはり、音楽の才能を伸ばしてやるためには、ピアノなどを習いに行かせるのがよいでしょうか。
 才能というのは、知能が何か特別の方面に強く働いたものをいいます。そこで音楽の方面に向けられると音楽的才能となりますし、絵の方面に向けられると美術的才能となります。
 お宅のお子さんの場合、歌を歌ったり、レコードを聴いたりすることが好きだそうですが、それは音楽に対する興味が強いということです。好きこそものの上手なれと昔からいわれるように、好きで興味のあることには自然に努力することになるので、結果的に技術が上達するというわけです。
 したがって、お宅のお子さんに音楽的才能があるかどうかは、まだわかりません。いま音楽が好きという興味のあることはわかりますが、それがすぐ才能に結びつくかどうかは、まだこれからです。
 そこで、バイオリンとかピアノなどを習わせてみて、お子さんがそれを好きになり、熱心にレッスンをやるようになるかどうかをためしてみるしかありません。やっているうちに技能が上達して、それが先生から認められるようになるかもしれません。
 ですから、何か音楽に関するおけいこに通わせてみるのはよいことだといえます。

スポンサーリンク

 しかし、才能がハッキリした形で目に見えてくるのはずっと後のことですから、あまりあせって才能をひき伸ばそうと考えますと、子どもに圧力をかけたり、子どもにレッスンを強制したり、よその子と比べて競争心をおこさせようとしますと、逆効果になることがあります。
 つまり、子どもが親の熱心さに圧倒されて、受身的な姿勢になり、消極的になることが危険なのです。元来、好きとか興味があるということは、本人の心の中から自然にわき出るもので、第三者から要求されたり、強制されたりすると意欲がしぼんでしまう傾向があるものです。
 ですから、子どもを音楽のおけいこに出すについては、親としていろいろ心がけておかなくてはならない問題があるのです。その一つが子どもに圧迫感や義務感を与えないことです。
 子どもにおけいこをさせているけど、子どもがレッスンをいやがるので困っているという悩みの相談を受けることがよくあります。そういう場合、大部分の問題は、親のほうが先走りをし、親の気持があせっているために、結局子どもはレッスンが楽しくなくなり、好きでなくなってしまっているのです。
 しかし、それも親ばかりをせめられないのです。というのは、先生のほうでハッパをかけるからです。
 「毎日、二時間はレッスンしなければものになりませんよ」などといって親を催促係に仕立てる先生が多いのです。しかも、先生は技能を重視しますので、子どもに対しても厳しい場合が多いのです。
 すると、子どもにとっては、好きで楽しいと思ってはじめたのに、難行苦業を強いられて、しかも先生からも親からもせめたてられて、ついにイヤケがさして、おけいこを嫌がることになっていくのです。
 「あんた、自分でやりたいといったじやないの」と子どもをせめてみても無理です。また、「せっかくやりはじめたのに、途中でざ折するようではダメ。最後までやりぬく決意と忍耐心が大事」などとお説教をしてみても結果はうまくいかないものです。
 そこでどのように指導すればよいかです。次の二つのことをハッキリ心にきめて子どもとの接し方にゆとりを持つようにしましょう。
 一つは、いま、たまたま音楽に興味をもっているとしても、それだけというように考えないことです。まだ今後いろいろなことに興味や関心が芽ばえ、したがって才能のあらわれ方もいろいろ変化する可能性があると考えることです。
 そこで、いま音楽のおけいこをさせるのは、一つのチャンスとして、一つの試みとしてやってみるので「これでいく」などと固く決めこまないことです。別の方面に才能がひそんでいる可能性を忘れないことです。
 二つ目は、かりに音楽的才能がありそうだとしても技能としての才能のことばかり考えずに、むしろ音楽を楽しむ情操を育てることに心を向けることです。急がば回れ式です。音楽とは音を楽しむという文字どおりの真の意味を忘れないことです。
 ピアノを上手にひけること、それは技術です。それは大切なことですが、そこに行く前に通らねばならない過程があります。それが音楽を好きになることです。技能は結果なのです。結果ばかりに目をつけて、そればかり目あてにしていますと、前述のように、子どもから逃げられてしまいます。
 音楽のレッスンを教える先生は、どうしても技術中心、技能優先となります。それはある程度やむをえないことですが、あまりに結果主義、技術中心の先生は、子どもの指導者としては不向きですから、別の先生を選ぶのも一案です。
 次に親の立場ですが、親は決して先生の下請けや助手の役目を引きうけないことです。まして催促係や励まし係などはやめることです。
 親のすべき役割はただ一つ、音楽を楽しむ雰囲気づくりです。親が音楽を楽しむ生活態度を示すことが最も大切です。
 そして、子どものレッスンの技能について批評やケチをつけることは絶対しないこと。子どものレッスンを聞いて、楽しんでみせることこそ、親のとるべき態度です。音楽技術教育は先生に任せ、親はもっぱら、音楽情操教育を目ざすべきです。それが才能の芽を育てる土壌です。

言葉の遅れている子/ 吃音のある子/ 学校や友だちのことを話さない子/ 知能とは/ 才能を伸ばすには/ 適正を見つけるには/ 思考力を育てるには/ 文字教育/ 数の教育/ 外国語教育/ おもちゃの選び方/ 絵本の与え方/ 読書好きにするには/ 本を読みたがらない子/ 難しい本を多く読む子/ 年齢よりも幼稚な遊びをする子/ マンガばかり好きな子/ 絵を描きたがらない子/ ピアノのレッスンを嫌がる子/ 音痴な子/ がらくたを集める子/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク