本を読みたがらない子

 息子は、小学校の三年生ですが、外での遊びやテレビに夢中で、一向に本を読んでくれません。私が、伝記や文学作品を与えてみても見向きもしないのです。ふだんがそんな具合ですから、学校から読書感想文の宿題を出されたときなどは、ずいぶん苦心して本を読んでいるようです。こういう子は、どのようにしたらよいでしようか。
 わが子に本を読ませようと考えて、お母さんが選んだ本を買い与えて読ませようとするのは、よいやり方とはいえません。
 読みなさいという言葉や、本を買って与えるというやり方ですと、子どもは受身的な立場に立たされて、読書に義務感をもつようになります。それでは読書意欲はわかず、本を読まない子、読みたがらない子を作っているようなものです。
 読書は、読みたくて読むとか、必要感から読むのが本当で、人にいわれたり、催促されたり、強制されて読むのでは苦痛です。食べることや勉強するのと同じです。食欲があって食べる、学習意欲がおこって勉強するのと同様、読みたくなって読むのが望ましいあり方です。
 しかし、黙っていれば外での遊びやテレビにばかり夢中になって、いつまで待っても本は読んでくれないという嘆きをお持ちのわけです。したがってどこから手をつけたらよいかに迷っていらっしやるわけです。
 そこでまず、親の気持のあり方として心がけたいことは、本を読んでもらいたいという姿勢から治すことです。本を読むのは親のためではないはずです。読んでくれないという嘆きの根本態度を、まずお母さんのほうから治しましょう。
 本は親がたのんで読んでもらうものではなく、子ども自身が、自分のために読むものです。ですから、本を買って与えるというやり方も直す必要があります。親が読んでほしいと思い、本を買って与えていますと、子どもは親のために読むことになり、与えられて読まされるという強制感を抱いてしまいます。ですから、与えることをやめて本の選定に子どもも参加させましょう。

スポンサーリンク

 いまの状態で子どもにまかせきりにするとマンガばかり買うことになる恐れがありますから、親と子で相談する姿勢でいきましょう。
 伝記や文学作品は、三年生の子には少し早すぎますし、お宅のお子さんには合っていないといってよいでしょう。親の要求や好みで本を選んでも、見向きもしてくれなければ宝の持ちぐされです。伝記や文学作品は押入れにしまいこんで後からにしましょう。
 そして、子どもが熱中している外での遊びや、テレビの番組などについて、お子さんの話をよく聞き、いま何に興味をもち、何に心が向いているかを探ることが先決です。そしてそれを受けいれ、理解を示すことが大切です。
 子どもの好きなことや関心のあることに親がそっぽを向いて、親の望むことだけ子どもに押しつけても、それは相互乗入れになりません。一方通行となって 子どもから逃げられてしまいます。子どもの話を聞いて受けいれると、こんどは子どもも親の望みを受けいれる気持が生じてくるのです。
 このような親子の相互理解、相互乗入れの態勢を作ってから、本の選び方の話し合いにはいると、案外スムーズにいくものです。そして、子どもの好きな遊びや興味のあるものに結びついた内容の本を選ぶことに話がまとまるとよいのです。
 本の内容の価値については、この段階ではあまりこだわらないほうがよいのです。親の価値観で評価した本は、子どもの価値観と多くの場合合わないものです。
 ですから、本ぎらいを治すためには、まず親と子の心のふれあいを回復し、次に本の内容を子どもの興味や関心に合わせるという、親の方からの妥協が必要です。まず読むことを開始することが大切で、内容はその次と考えるのです。
 わが子をみるとき、一つの面だけみるのでなく、別の面からも総合的、多角的にみて指導することが肝要です。
 つまり、本を読む子にしたいとか、伝記や文学作品を読む子がよい子という見方だ けを強調しないことです。そうすると本を読まない子は悪い子とか、勉強がおくれるから困るといったことばかり重視して、ついには読書の強制ということになる危険性があります。
 子どもには、それぞれ個性があって、読書の面にはエネルギーがうまく使われなくても、運動面とか制作面、その他友人との遊びや共同活動といった別の面でうまくエネルギーを能率的に使っているかもしれません。
 つまりエネルギーの多角的な使用を認めることが、子どものためにも、親の安心のためにも必要なことです。
 また、同じく文章を読む場合でも、文学的な内容のものもあれば、連絡や通信その他事務的な内容のものもあります。子どもに向いている内容とか、子どもにとって必要に迫られる内容のものでしたら、必ずしも本ぎらいときめつけることはできません。
 ある本ぎらいな子で、動物ずきであったため、ついに動物図鑑から動物に関する本にまで読書の段階を上っていった子もいます。また、手紙を読んだり書いたりする必要から、習字を練習したり、本を読んだりせざるをえなくなった子もいます。
 三年生では伝記や文学作品を読まなかった子でも、やがて文学や歴史に興味をもつようになって、その方面の本をよく読む 子になったという例もあります。長い目で子どもを発達的に見ることも大切です。
 子どもを、本を読む機械と見なすのでなく、いろいろな活動分野を認め、多角な人間として認めていく基本的態度が必要で、その中で本を読むことを正しく位置づけましょう。

言葉の遅れている子/ 吃音のある子/ 学校や友だちのことを話さない子/ 知能とは/ 才能を伸ばすには/ 適正を見つけるには/ 思考力を育てるには/ 文字教育/ 数の教育/ 外国語教育/ おもちゃの選び方/ 絵本の与え方/ 読書好きにするには/ 本を読みたがらない子/ 難しい本を多く読む子/ 年齢よりも幼稚な遊びをする子/ マンガばかり好きな子/ 絵を描きたがらない子/ ピアノのレッスンを嫌がる子/ 音痴な子/ がらくたを集める子/

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク