保育施設の選び方

保育施設は子どもが生活時間の大半を過ごす所で、その環境や保育内容によっては、子どもの安全や健康面だけでなく、健全な発達にも影響を与えることがあります。まず市町村の保育担当課で、情報の収集や相談をします。保育行政は住民に一番身近な市町村で行なわれています。認可保育所を利用したい場合には、市町村の保育担当の窓口に相談して申し込みます。認可外保育施設は、その施設に直接申し込みます。ただし市町村によっては、認可外の保育施設などに独自に助成をしている場合などがあります。
利用する施設を決める前には、必ず見学しましょう。2つ以上の施設をできれば時間帯を変えて2回見たり、行事に参加したりして、保育の様子を調べましょう。利用者から園の様子を聞くことができればさらに良く分かります。建物はよく掃除が行きとどいて、きれいな方がよいし、保育料が安かったり便利な場所にある施設は魅力的ですが、子どもが長時間過ごす上で最も大切なことは、子どもが過ごしやすい環境か、保育する人の配慮が行き届いているか、保育プログラムがあるかなど、こういったことは見た目だけではわかりません。保育料についても、自治体から補助がある場合や、安すぎる場合はどこかに無理があるのではと思ったほうが良いでしょう。
保育する人の数が十分かどうか。人手が足りないと、いくら保育する人がすぐれていても、1人1人の子どもに十分な対応ができません。保育士の資格がいるかどうか、とくに、継続して多くの子どもを預る施設では子どもの発達や情緒、体調等に配慮した保育プログラムが必要です。保育する人の中に経験が豊かな人がいるかどうか、多くの子ども、とくに赤ちゃんも預っている園では、経験豊かな人がいることが望ましい。
園長や保育する人から、保育の考え方や内容について聞くことも大切です。保育内容の善し悪しは、園長や保育する人の考え方や力量によって大きく左右されます。どんなところに注意して保育するのか、子どもが日々どのようにして過ごしているのか、考え方を聞きましょう。連絡帳などで家庭との連絡が十分取れるようになっているか、保育参観などで保育の様子を見る機会があるかや、毎月の身長や体重の測定などの発育チェックなどを行なっているかなどを確認しましょう。通い始めると忙しくて園に任せっきりになりがちですが、なるべく実際に保育している所を見るようにしましょう。保育する人と話す機会があればより良いでしょう。不満や疑問があったら、すぐに相談しましょう。普段から保育する人との信頼関係も大切です。不誠実だったり、対話を拒むような施設はなにか問題があると考えて良いでしょう。

子育てと育児

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク