乳幼児の歯磨き

乳歯が生えはじめるのは生後6から7ヶ月頃になります。下の前歯から生えてくることが多いようです。生後3、4ヶ月で生えはじめる赤ちゃんもいれば、1歳近くになってようやく最初の歯が出てくる赤ちゃんもいます。生える順番も上の前歯から生えたり、真中ではなく脇の歯から生えることもあります。下の前歯が生えてくるころまでは、ガーゼで前歯をこするように拭いてあげれば十分ですが、上下の前歯が揃ったら歯ブラシで歯磨きをしましょう。大人のマネをしたがる時期になったら歯ブラシを持たせて、おもちゃ感覚で慣らしても良いでしょう。奥歯が生えてきたら本格的な歯磨きが必要になります。しばらくはお母さんの仕上げ磨きが必要になりますが、子どもを押さえつけて何が何でも磨こうとすると、歯磨きが嫌いになる場合もあります。楽しく歯磨きができるように心掛けましょう。乳歯は永久歯に比べて歯の表面を被っているエナメル質が弱く、虫歯になりやすい。歯の形が小さく磨きにくいこと、甘い飲み物や柔らかく、粘着性の食べ物が多いことも虫歯を増やす原因になっています。一般的に乳歯は永久歯に比べて軽視されやすいのですが、乳歯のとき虫歯の多かった子は、永久歯にも虫歯が多いことがわかっています。ひどい虫歯になると、永久歯が正しい位置に生えてこようとするのを妨げてしまうこともあるようです。一生使う永久歯のためにも、乳歯のときから虫歯予防をすることが大切です。虫歯の主な要因は、歯質と食べ物と細菌の3つだといわれていますが、虫歯をつくる細菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しません。周囲の大人のだ液から感染するのです。虫歯があったらきちんと治療しておくなど親の側にも注意が必要です。

子育てと育児

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved

スポンサーリンク