乳幼児の突然死

突然死とは、ある日突然発症し、発症後24時間以内に死亡し、予期されなかった病死をいいます。乳幼児については特に乳幼児突然死症候群と名づけられています。乳幼児突然死症候群は、それまで元気な乳幼児が、主として睡眠中に突然死亡状態で発見され、原則として1歳未満の乳児に起ります。日本での発症頻度はおよそ出生4000人に1人と推定され、生後2ヶ月から6ヶ月に多く、稀には1歳以上で発症することもあります。原因として考えられているのは、妊婦および養育者の喫煙、非母乳保育、うつぶせ寝などが挙げられており、世界各国でこれらのリスクを軽減する運動が展開されており大きな成果を挙げています。原因に関しては、脳機能の異常、先天性代謝異常症の存在、感染症、慢性の低酸素症の存在、などのものが考えられていますが、未だに解明に至らず、国内外の専門家によってその原因究明と予防法の確立にむけた研究がなされています。眠っていると思っていたが、気がつくと死んでいたというケースが多く、以前からあった病気ですが、昔は感染症などで乳幼児が死亡することが多かったので、不審に思われませんでした。感染症などによる死亡が少なくなるとともに出生率も低下した現在ではその原因や頻度に感心が寄せられるようになりました。うつぶせ寝との関係がいわれたこともありましたが、この病気はあおむけ寝でも起きており、うつぶせ寝との直接の関係はないと考えられています。いずれにしても、乳幼児突然死症候群は事故ではなく病気で周囲の大人の注意だけでは防ぎきれるものではありません。しかも特別な予防法も見つかっておらず、もし赤ちゃんの呼吸が不規則、顔色が蒼白、唇が紫色、急にぐったりするなどの症状があったときは、強く揺すってあおむけにする。口やのどに異物が詰まっていればかき出す、呼吸をしていなければ人工呼吸するといった対応をするとともに救急車を呼びましょう。

子育てと育児

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved