母子健康手帳

母子健康法では、妊産婦や乳幼児をもつ母親に対して、担当の行政機関がきちんとした保健指導を行なうことを義務づけています。妊娠したと思ったら、医師の診察を受け、はっきりとした時点で妊娠届に必要事項を記入し保健所または市町村役場の窓口に提出します。届けが出されると、まず交付されるのが母子健康手帳です。母子手帳とも呼ばれることも多いですが、正式名称は母子健康手帳です。母子健康手帳は、妊娠、出産、および育児についての一貫した健康記録であり、保健指導の基礎資料にもなるものです。妊娠中から就学までの育児についての注意事項が書かれており、妊娠、育児の手引きになるとともに、妊娠の経過、出産の状態、生まれた赤ちゃんの発育の経過などが記録され、子どもの成長記録としても貴重なものとなります。また、この手帳は保健所や市町村などに整備されている母子健康管理カードなどとの関係を密接に保ち、妊産婦と行政機関とのパイプ役をも果たします。妊娠届けを出し母子健康手帳の交付を受けると、保健所や市町村から健康診査や母親学級の通知がきます。また、保健師や助産師などの家庭訪問があり、妊娠中の注意を与えてくれたり、相談に乗ったりします。その訪問指導は、初めて妊娠した人、中でも高年齢初産の人、未熟児を出産したことがある人などを重点に行なわれます。出産後は、新生児の訪問指導によって、赤ちゃんの育て方、その健康や栄養について、また病気や異常の早期発見と予防をはじめ、母親の健康のための指導にもあたります。健康な赤ちゃんを産み育てるためには、母親は妊娠に気付いた時から、心身の健康、毎日の生活などについて注意しなければなりませんが、その手引きとなるのが母子健康手帳というものです。

子育てと育児

       copyrght(c).子育てと育児.all rights reserved